ローヤルゼリーで悩み解決

なぜ、うつ病の方がローヤルゼリーを愛用するのか?

健康の基礎を支え、若返りや美容、更年期障害の改善や病気予防に効果を発揮する健康食品ローヤルゼリーですが、うつ病にも効果を発揮することで注目されています。

うつ病の原因というのは、実のところ完全には解明されていません。
しかし、ストレスなどにより神経伝達物質に何らかの異状や問題が生じることで、うつ病が発生するというケースが非常に多く発見されているため、そこに原因があるだろうと考えられています。

神経伝達物質とは精神に大きな影響を与える物質です。そのバランスが崩れることで、精神のバランスも崩れ、うつ病などの精神障害を生んでしまうといわれているのです。

ローヤルゼリーに含まれるビタミンB12と葉酸が、その神経伝達物質の正常化に働きかけることで、うつ病の改善に効果を発揮します。

特にビタミンB12は別名で脳のビタミンとも呼ばれ、神経伝達物質のセロトニンやトリプトファンを合成するには欠かせない非常に重要な成分です。

これらビタミンB12と葉酸が不足してしまうと、感覚が鈍くなると共に精神安定作用を持つセロトニンの量が減少し、うつ病を発生しやすい状態へ陥ってしまいます。

ローヤルゼリーのビタミンB12と葉酸を摂取することで、うつ病の予防へとつながるのです。

さらに、ローヤルゼリーにはアセチルコリンという成分が含まれています。
アセチルコリンもまた、神経伝達物質のひとつです。神経系のバランスを正常に保つという役割を持っていて、脳をリラックスさせることによりストレスを緩和してくれるという効果をもっています。

うつ病に悩む人がローヤルゼリーを愛飲する理由として非常に大きいのが、このアセチルコリンのストレス緩和による精神安定効果なのです。

うつ病を治療するためには、極力ストレスを避けながら生活し、神経伝達物質を正常化させるよう過ごすことが必要です。
ローヤルゼリーのアセチルコリンがストレスのない生活を支援することで、うつ病の症状を改善する効果が期待されるのです。

さらにローヤルゼリーに含まれる40種類もの豊富な栄養成分が、滋養強壮や肉体疲労の回復などに作用することで、肉体的にもストレスのない生活を支援してくれるのです。

精神の安定と活力ある体づくりに有効なローヤルゼリーは、うつ病の改善だけでなく、健康の基礎を協力に支える非常に優れた栄養食品です。

あなたの健康習慣にローヤルゼリーをとりいれてみてはいかがでしょう。

ページのトップへ戻る