ローヤルゼリーで悩み解決

ローヤルゼリーが不妊に効果がある理由

健康食品の代名詞のひとつでもあるローヤルゼリーですが、その健康効果は不妊にも発揮されます。

不妊の原因というのは、男性側にも女性側にも存在します。男性側の場合は、無精子病や乏精子症、精子無力症などの身体的な要因。
女性側は、排卵障害や子宮着床障害、卵管障害などです。

その他、冷え性や過剰なダイエット、アルコールの過剰摂取なども後天的な要因になると考えられています。

不妊の自覚は無くとも、妊娠できる能力が大きく低下しているカップルの割合は7組に1組ともいわれているのです。

そうした不妊の原因である症状は、ホルモンバランスの乱れにより引き起こされるケースが非常に多いです。
ホルモンバランスは特に女性の排卵と深い関わりを持つため、それを正常化することが、不妊の改善への近道となっています。

ローヤルゼリーには、デセン酸というローヤルゼリー特有の成分が含まれていて、このデセン酸は女性ホルモンのエストロゲンと非常によく似た働きを持っています。

エストロゲンは加齢により分泌量が減少していく女性ホルモンで、エストロゲンの減少は更年期障害の原因のひとつとして有名です。

デセン酸がそのエストロゲンの代替として働くことで、更年期障害の改善と共に、ホルモンバランスを正常化させることで、不妊への効果も期待できます。

また、ローヤルゼリーにはアピシンというタンパク質の一種も含まれています。
アピシンは高い抗酸化力により細胞を増殖させ、さらに細胞の寿命を伸ばして長生きさせるという働きを持っています。

細胞を長生きさせて、老化を防ぐことで卵子の老化も防ぎ排卵しやすい体へと改善し、同時に受精する確率も上げてくれる効果が期待できるのです。

そして、ローヤルゼリーには自律神経に働きかけて、正常化するという働きをもつアセチルコリンも含まれています。
精神面が生理に影響を与えるのと同様に、子宮の活動にも影響を与えます。

自律神経の正常化は、不妊治療において非常に重要だと考えられています。ローヤルゼリーのアセチルコリンは、不妊の改善に効果を発揮してくれるでしょう。

そしてローヤルゼリーの不妊改善の効果は女性側だけでなく男性側にも効果を発揮してくれます。

ローヤルゼリーには男性ホルモンに似たホルモン様物質が含まれていて、ホルモンの値を調整するという働きを持っています。
ホルモンの値を調整し、ホルモンバランスを正常化することで、男性機能を向上させる効果を期待できるのです。

健康の基礎だけでなく、不妊にも効果を発揮してくれるローヤルゼリー。
もし不妊にお悩みでしたら、女性と男性どちらもローヤルゼリーの摂取をためしてみてはいかがでしょう。

[出典]
ローヤルゼリーは女性ホルモンのバランスを整える
https://www.nanomedicinecenter.com/article/russia-heavily-investing-in-nanotech/

ページのトップへ戻る